[不燃認定品構成]トイレブースパネル

不燃認定品で構成されたトイレブースパネル
<<2017年度 東京地下鉄株式会社様 トイレブースパネル仕様に適合しております>>

防火性、耐水性、軽量性に重点を置いたトイレブースパネルの加工事例です。

パネルを構成する全ての部材に不燃認定品及び、不燃材を採用しました。

内装の不燃化が厳しく求められる昨今、地下鉄や地下街のトイレへ焦点を当て、不燃化は勿論の事、耐久性・軽量性・防水性を高い水準で設計しました。

<特徴>

防火性     ■表面材・コア材 : 不燃認定番号を持った部材で構成
          ■ 下  地  材  : 不燃材のアルミを使用
 

耐水性     ■アルミの中でも腐食性に強いとされているA6063材を下地四方に使用
          ■コア材は吸水量 3.5g/100㎠以下の部材を使用(※カタログ値)
 

軽量性     ■下地材にアルミを使用したことで、ドア一枚あたりの重量が17kg未満と軽量(当社比)
           なのでヒンジ等への負荷を軽減
 

当社のパネルは全て不燃材料で構成れていますので、万が一の火災の際は延焼を抑え避難経路の障害を最小限にとどめ、また地下火災で大きな脅威となりうる煙の発生を抑止します。

 

ご紹介させて頂いたパネルは、当社の板金加工・接着加工の技術が随所に活かされています。

ぜひ、加工事例とあわせて「当社の強み」についても下記リンクボタンからご覧ください。

 
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社スヤマコーポレーション All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.